児童発達支援センター つくし園

就学前乳・幼児を対象。「週五日のうちの必要な日数を母子または単独で通園し、必要な期間にわたって療育を受ける」ことのできる利用通園施設です。

障害児支援のノウハウを有した専門機関として、療育だけでなく、それに伴う進路指導子育て支援・家族支援を行っています。

療育

発達に課題のある就学前児に対し、基本的生活習慣の確立、あそび・経験の拡大、社会性の獲得に向け日々の療育を進めています。

母子通園クラスと単独通園クラスに分けており、年齢・発達状況・特性・母子関係等を勘案した個別支援計画を作成し、発達を促すための領域別発達援助および養育基盤である家庭の安定に向けた援助を行います。

また、当センターの理学療法士・作業療法士・言語聴覚士と連携した療育を行い、専門的かつ多角的な視点で取り組んでいることも特徴です。

療育方針について詳しくはこちらをご覧ください。

進路指導

見学や体験を重ねながら、次のライフステージについてお子さんの発達・育ちにとってよりよい環境設定を考えます。

また、アフターケアの機会を活かして連携を深め、要配慮児への教育的手立てにつなげられるよう努めています。

子育て支援・家族支援

子育て不安を抱えながらの育児では、育児力や家庭基盤が脆弱だったり、そこに問題が潜在していることで困り感が募る上、お子さんの発達が阻害されたり育ちに影響を及ぼしていることも少なくありません。成長発達に伴い、常にひとりの子どもとしての人格を尊重し、必要な支援に対して利用し得る社会資源やサービスを提供し、暮らしやすい環境を整備していきます。家族が主体性をもって行動できるよう支援していくことで家族の生活の質的向上につながります。

また、児童虐待の疑い等により見守りを要したり、緊急性が高い場合などは、療育が必要なお子さんの通園・日中活動を保障することを優先課題として関係諸機関で協議対応します。

専門性

障害児支援のノウハウを有した専門機関として機能し、相談支援や保育所等訪問支援にて当センターを拠点として各機関と連携しながら地域におけるよりよい支援を進めています。

お子さんの将来に向けて障害や発達の課題に対する理解を深めながら方向性をもてるよう、専門的な配慮や広い見地から保護者に寄り添い、ニーズに応えていくことも大事な役割です。

専門職はもとより、職員個々がお子さんを通して理解を深め、知識を高めて療育資質の向上を目指しています。

ページ上部へ

児童発達支援

児童発達支援(未就学児の訓練部門)

障害のあるお子さんや運動・発達に課題のあるお子さんが日常生活における基本的動作を習得し、集団に適応することができるよう、お子さんの身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切な指導及び訓練を行います。

  • 理学療法(理学療法士)
  • 作業療法(作業療法士)
  • 言語訓練(言語聴覚士)
  •   3領域の専門的訓練を連携しながら提供しています。     
  • グループ療育・・・乳幼児対象の療育グループ
  • その他・・・相談、送迎

グループ療育

乳児は健診等で要フォローとされ、PT訓練・療育を必要とする0~2歳児。

幼児は目と手の協応・運動の協調性等に課題をもち、小集団での木目濃やかな援助・指導を必要としている概ね2~3歳児、2~5歳児。必要に応じて実施。

指導方針

  • ①療育を通して発達を促す。保護者がお子さんの発達を知り、適切なかかわりができるよう指導する。
  • ②認知・学習活動、手指の巧緻活動の基礎となる感覚・運動面をより確実なものにする。
  • ③目と手の協応・巧緻動作は基礎的な活動から積み上げ、適切な指導により達成感や満足感を与え、前向きな気持ちを育てる。
  •     
  • ④ ①②が園のみの活動にとどまらず、家庭でも展開していけるように保護者指導を行う。
  • ⑤理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、必要に応じて臨床心理士による評価を行う。